開発者と効果的にコミュニケーションする方法1

開発者と効果的にコミュニケーションする方法2

In 私考 by admin0 Comments

今使っているブランチ(brunch)にファイルをアップロード機能を追加すると仮定して、プランナーや開発者の業務の流れを見てみよう。

ファイルのアップロード機能を追加しようとする企画者の業務の流れは、次のように流れていく。

  1. 講義を専門的に投稿する作家たちに参考資料を上げることができるファイルのアップロード機能が必要ではないか?(必要確認)
  2. ファイルのアップロード機能を追加するかどうかの正当性を整理して業務関連者と協議する。
  3. 機能の追加が協議された場合、他の会社のサービスを参考にして、ユーザーの経験(UX)を考慮して、ブランチに適した画面を設計する。
  4. 開発実務に画面設計書を提供する。

ファイルのアップロード?

画面設計書を伝達された開発者は、ファイルのアップロード機能について頭の中でパズルを合わせて見る。

  1. ファイルがアップロードされると、ファイル名はDBにどのように残して、ファイルはどこに保存するか?現在保有しているサーバーで可能であるか?
  2. すべての種類のファイルのアップロードを許可するべきか?セキュリティに問題が生じるようだ。
  3. ファイルは、いくつまで上げるようにしなければならないですか?
  4. ファイルのアップロード容量に制限を置かなければならないだろうか?
  5. アップロードしたファイルを削除すると、サーバーでもクリアするか?
  6. ファイルサーバーの容量がいっぱいになるとどうしよう?古いファイルは定期的に削除すべきか?
  7. 予想される問題が多いが、ファイルのアップロード機能が必ず必要なのか?あえて必ず必要であれば、ファイルは、他のためにあげるように誘導して、リンクだけ連動するならないか?などなど

このように予想される問題を自動的に思い出しプランナーに質問を投げかける。

このような場合には、どうするか?これはいけないんです!

計画プロセスで十分に悩んしたにもかかわらず、開発者とレビューを進行すると多数の質問が寄せられて予想しなかった質問と向き合うと、当惑することになる。チームワークが良い場合は、これらのプロセスを通じて、より良い企画案を作り出す栄養となるが、感情的にぶつかる状況では、プランナーは、とんでもない企画案を持ってくる人に評価され、開発者は何しても不可能だと話す、否定的な人に評価される。

Leave a Comment