開発者と効果的にコミュニケーションする方法1

In 私考 by admin

ュニアプランナーの頃。
開発者と業務関連の話を聞いてみると、さっぱり何の話をするのか理解できない場合が多かったです。
話をすればするほどますます迷宮入りしました。

すぐに業務を進行しなければならないが対話が途絶えると、感情争いに変質されて企画者はこう話す。
「A会社はできますよ!」

これに怒った開発者が回答する。
「我々はA会はではありません!」

このような感情争いは非常に消耗的です。ほとんどの企画者と開発者がこのような論争を経験したことがあると思います。

なぜ?

ランナーと開発者の思考過程が異なるからだと思います。
プランナーは考えを文章と絵で表現する職群です。目に見えない手で触れない考えや概念などを文書で表現します。さらに「ビジネス的利益」、「顧客の価値」、「ユーザビリティ」など、いくつかの要素を総合的に考慮して文書を作成しています。
たとえ、目に見えるのは1, 2枚の文書であっても、その中には多くの思いが込められており、その内容が実装可能であると考えています。

に、開発者は論理でアプローチする職群です。
企画案を受信すると、サービスの円滑な駆動のために与えられた環境(サーバ、データベース、既存の開発されたロジックなど)内でどのように駆動するか、頭の中のパズルを組んで合わせ始めます。論理的に問題になるような隙間と例外ケースをもれなくチェックします。

矛と盾と一緒にお互いの業務領域が異なるため、”企画者はしてください!”、”開発者は駄目です!”が絶えず発生することです。