プロジェクトを滅ぼす開発者、成功させる開発者2

In 私考 by admin

2. 一定の管理ができない開発者

「先週までに開発を完了することにしたが、なぜまだ完了していませんか?」

「あ、ほぼ完了されましたが、今このモジュールを貼れば、終わります。来週火曜日まではできると思います。」

それだけで完了していないことです。80%となったのか、20%になったのか、未完了であるのは変わりないです。

開発をしてみると突然問題が発生する場合があります。
しかし、彼について事前に報告をせず、当日になってごめんだとしながら頭をかいている開発者。プロジェクトを滅ぼす第一位だ。しかし、よく聞いて見るとやはり理由があります。

「今サーバーにインストールされているUbuntuのと今使っているライブラリが衝突していて「とか、「私XXをYYだと思ったが、間違っていましたね」とか。

しかし、来週の火曜日になると、再び新たな問題が発生するものであり、開発はやはり遅くなるだろう。これは、プロジェクト管理や企画の問題というよりは、開発者個人の問題要素です。
通常、このような開発者は、自分が知っている技術の代わりに、新しい技術を導入しようとする場合、会社をつぶしている場合が多いです。

統計的に開発者は、自分の能力を実際の能力よりも40%程度誇張して考えていると言います。
これを考慮して開発スケジュールを組まなければならなりません。しかし、いくつかの開発者は、自分の能力を100%、200%誇張して考えている場合もあります。
これもまた解決方法はありません。
プロジェクトの日程は果てしなく遅れます。この場合、最大限早くプロジェクトを止めるのが得策だと思います。