プロジェクトを滅ぼす開発者、成功させる開発者1

In 私考 by admin

てのことには適正なラインがあるはずです。
たまにプロジェクトを進行すると、開発者によってプロジェクトが崩壊するケースをしばしば見れます。
このすべては、実際は、企画レベルでの開発知識の不足で発生したと思いますが、それでも開発メンバーが反省しなければならない部分も多いです。
開発ミスでプロジェクトが壊れることは大きく二つに分類することができる。プロジェクトに比べて開発力が低い場合、または、その逆に高すぎる場合です。

よく遅刻する開発者

遅刻はなぜ、するのだろうか?調べた結果、いくつかのケースがありました。
開発は、協業的な側面も強いが、協業するポイントだけ正確に認識している場合、基本的には個人の仕事に近いです。
つまり、モジュールとモジュールの連結の輪だけ正確に定義すれば、残りは開発者個人の事になります。このため、開発者は協業に対する基本を忘却しやすいです。
会社全体に対する概念なく「自分のやることだけすれば終わりだ」というマインドが生じる場合があります。これが遅刻が蔓延するようになる最初の理由だと思います。

一方、他の原因としては、自己管理の未熟になります。
一定の起床時間を維持できない場合、逆に一定の退勤時間を維持できず指示もしていない徹夜作業後、二日間欠勤するケースもたくさんあります。
過度に仕事に熱中して自分のペースを維持できないのは、作業がうまいのではなく、仕事を投げ捨てることと同じです。
決してこのようなケースに’、がんばりすぎたらそんなこともある。このようにしてください。’という言う会社があったら、数日後には誰も出勤しない会社になるかもしれません。

遅刻というのは伝染される側面が強いです。私が経験した一つの会社では開発チーム長がよく遅刻したかと思いきや、誠実なインターンもすぐ遅刻する現象を見せました。

実はこの基底に敷かれた問題は遅刻を容認する文化にあるとおもいます。
開発というのは代替されません。A、B企画者が社長に企画発表をしたとき、A発表者が遅刻したらペナルティを適用し、B企画案を採択します。
しかし、A開発者がDBモジュール、B開発者がWebモジュールを開発して開発発表をした際、B開発者が会議に遅れたとしてWebモジュールを抜いて製品を発売することはできません。
このため、会社では開発者の遅刻に対して寛大になりやすいです。
そして開発者は自分の遅刻に対する言い訳として、創意的な会社の雰囲気を云々しますが、実際に考えてみると遅刻ほど会社の雰囲気を蝕んでいるケースもないです。

もちろんいくつかの企業の場合、最初から通勤管理を個人に任せる場合もあります。
しかし、必ず肝に銘じなければならないものがあります。このような組織の場合、かなり解雇が自由であるということです。

遅刻の問題を解決するための確実な方法はありません。遅刻というのは警告をいくらしても直らない習慣であるケースが大半です。
罰金制を採択すれば、会社の雰囲気も悪くなります。